ののログ

とりとめないやつ

フィクション

私は自分が見知らぬ建物の屋上にいることに気づいた。なぜ私はこんなところにいるのだろう? 突然のことに理解が追いつかない。状況を問おうにも周囲には誰も居ない。おかしい。たった今まで、私は大学で出来の悪い学生を相手に素粒子物理学の講義をしていたはずだ。それが、瞬き一つする間に場面が無人の屋上へと移動している。瞬間移動したとでもいうのか。いや、そんなことはありえない。量子テレポーテーションによる物質の空間転移は未だ実現していない。ではこの不可思議な事象を一体どう説明すればよいのか。しばらく考えた末、私はある物理学的可能性に思い至った。

それは、素粒子のランダムな配置によって偶然私という存在がこの屋上に誕生したのではないか、というものだ。

素粒子とは物質を構成する最小のパーツ。水も、空気も、人間も、万物は素粒子からできている。もちろん記憶もそうだ。記憶は脳にニューロンとして刻まれるが、そのニューロン素粒子でできている。つまり、素粒子がランダムに並ぶことで、たまたま私という存在が瞬間的に誕生することもありえるのだ。『大学で講義していた』という記憶も、素粒子がたまたまそういう風に並んだ結果作られた虚構というわけだ。もちろん、このようなことが起きるのは天文学的な確率だ。しかし、確率が0%でない限り、それは起こりうる。

自分の置かれた状況を科学的に考察することで私は冷静さを保っていた。しかし、漠然とした不安が消えることはない。私はこの先どうすればよいのだろう。そもそも私という存在は一体ーー。

「あ、須藤さん、こんなところにいらっしゃったんですね」

ふいに後ろから声をかけられ振り向くと、一人の女性看護師が立っていた。

「もう、須藤さん。また一人で勝手に出歩いて。もうすぐ昼食ですよ。ほら、お部屋に戻りましょう」

呆れた表情で彼女は私を手招く。だが、私の意識は別のところに向いていた。須藤、とは私の名前だ。

「君、私を知っているのかね? ということは私は過去にも存在していたということか? それとも、これも素粒子のランダム配置が作り出した虚構の記憶にすぎないのか?」

私の問いに看護師は呆れた表情を見せる。

「また難しい話をして……。大学教授の頃を思い出したのかしら。なんにせよ、認知症が進行したって先生に連絡しないと……」


回想

今週のお題「何して遊んだ?」



小学校の頃の遊び。

記憶にあるのは、


体育館の天井に引っかかった誰かの縄跳びをみんなで取ろうとしたこと。

校庭の半分地面に埋まってるタイヤの上で飛び跳ねたこと。

体育館の壇上の裏をこっそり探検したこと。

用水路で大きなザリガニを捕ったこと。

人気のない寂れた神社でポコペンをしたこと。

黒板で⚪︎×ゲームをしたこと。


思い出に浸ると胸が締め付けられるのでやめます。


当時はどんな些細なことも遊びに昇華できたし、毎日が楽しかった。


今はどうだろう。


考えるとメランコリックになるので、今は何も考えずにとりあえずめっちゃ強いイベント武器を必死になって集めようと思う。

ボルシチを作った話

移動に1時間かかるしお腹も空いてきたので、以前ボルシチを作ったときのことを書く。

 

ボルシチっていうのはロシアの家庭料理で、

 

f:id:shinonono:20170111142316p:plain

 

こういうやつ。(※画像:Wikipediaより引用)

 

ちなみにボルシチを作ろうと思い立った理由は、当時はまっていたキャラクターの得意料理がボルシチだったから。

 

 

オタクだね~

 

 

 

オタクなので作り方もネットに頼る。

検索して一番上に出てきたレシピを参考にした。

 

材料の項目を見る。

『牛肉、人参、玉ねぎ、トマト、ビーツ、……』

 

ビーツ…?

 

調べてみると、カブに似た真っ赤な根菜で正式にはテーブルビートと言うらしい。

ボルシチの独特の赤色はこのビーツによるものだとか。

 

 

 

材料について大体分かったところでスーパーに向かった。

 

野菜売り場を探し回る。

 

 

まあ、うん。

分かってたけど、ビーツ売ってないね。

 

田舎の小さなスーパーにビーツなんてオシャレな野菜があるわけないよね。そうだよね。

 

ないものは仕方ないので代わりにカブを買って帰った。似てたので。

 

 

家に帰り料理開始。

 

作り方は、

鍋で食材を炒める。

水を入れる。

ホールトマトを入れる。

コンソメでいい感じに味を整える。

(この辺で、「ボルシチ食べたことないから味あってるか分からなくない?」ということに気づく。バカか?)

皿に盛ってサワーチーズをいい感じに乗せて完成。

 

かなり大雑把だけど大体こんな感じ。

 

 

完成したボルシチの見た目は、赤色が足りないもののまあ美味しそうだった。

 

ちなみに、当時はブログに載せるつもりなんてなかったので写真はないです。

 

 

これがボルシチか…。

出来上がったものを見て呟く。

 

ちょっとした感動と期待。

あの娘(某キャラクターです)もこれを作ってるんだって考えると嬉しくなった。オタクなので。

 

 

さっそく、出来上がったボルシチを口に運んだ。

 

 

 

「トマトだ。」

 

これが最初に浮かんだ感想。

 

トマト味の玉ねぎ、トマト味のカブ、トマト味の肉。

 

口に入れるたび、口内がどんどんトマト味に支配されていく。

圧倒的トマト。トマトの暴力。

 

どうやらトマトを入れすぎたらしい。

ビーツの代わりにトマトを多く入れて赤色にしようと思ったのが間違いだった。

 

トマトは嫌いじゃない。でもここまで主張が激しいと厳しい。

すぐに限界になった。

 

その日、強烈なトマト味に耐えられなかった私は、結局一杯分しか食べることが出来なかった。

後には鍋いっぱいのボルシチらしき何かと虚無感だけが残った。

 

 

 

翌日、残ったボルシチらしき何かにカレー粉を投入したらカレーになった。

 

ごはんにかけてカレーライスにする。おいしい。

 

その日のうちに鍋は空になった。

 

 

カレーってすごいね。

 

おしまい

ショック療法

1年くらい前の話。

 

すき家のおろしポン酢牛丼が無性に食べたくなる”という奇病を患っていた私は、その日も発作に抗えず、近所のすき屋に足を運んだ。

 

いつものカウンター席に座り、おろしポン酢牛丼を注文する。

当時は週2~3回のペースでおろしポン酢牛丼を食べていたし、たぶん店員に顔を覚えられていたと思う。裏で「またおろし野郎が来たぞ」とか言われていたかもしれない。

 

おろしポン酢牛丼が運ばれてくる。

いつもそうなのだが、不思議なことに食べる直前には発作が治まっていて、「またおろしポン酢牛丼か……」みたいな気持ちで食べる。

3口目くらいで飽きる。

 

次来たときは別のメニューを食べようなどと考えながらレジに向かい、財布を取り出す。

 

「470円になります」

 

470円。

そのくらいは普段持ち歩いている金額だ。当然あると思って財布を開く。

 

 

 

 

……ない。

 

小銭はおろか、お札も一切ない。

 

なんで……?

 

思い返す。

 

そういえば、数時間前に財布の中身を新しい財布に移したんだった。

いま手に持っているのは古い財布。いつもの癖で持ってきてしまったらしい。

 

時刻を確認すると、夜中の12時過ぎ。

知人に頼んで支払いに来てもらうには迷惑すぎる時間だ。

 

他に良い対処法が思いつかず、仕方ないので正直に店員に話す。

「あの……お金忘れたので家に取りに帰ってもいいでしょうか?」

 

明らかに困惑する店員。その様子を見てさらに慌てる私。

 

「あっ、iPhoneを人質にしていいので……」

気が動転してアホみたいなことを口走る。せめて担保って言えばよかった。

iPhone人質マンとして店員たちの話のネタにされるんだろうな……って考えたら泣きたくなった。

 

その後、私の真摯さが通じたのか店員も承諾し(半笑いだったけど)、人質(iPhone)を残してダッシュでお金を取りに帰り、他の客の視線に耐えながら無事支払いを済ませ、脱兎のごとく店を去った。惨めな気持ちでいっぱいだった。

 

 

あの日以来おろしポン酢牛丼は食べていない。