ののログ

とりとめないやつ

絵①

藍子ちゃんのメイキング

全体の流れ

ラフ→線画→下塗り→本塗り→仕上げ

 

ラフ

f:id:shinonono:20171119013933j:plain

大まかに構図を決める。

細かいところまで描き込むと線画が楽になるので頑張る。

 

線画

f:id:shinonono:20171119015048j:plain

ラフを参考に線を引く。

線画は部位ごとにレイヤーを変えて描くと消したり移動させたりしやすくて神。

描いてるうちに変なところに気づいたら直す。

(袖の位置変更、インナー加筆、襟のバランス・形など)

髪の長い曲線は手首のスナップをきかせて勢いよく引くとそれっぽくなる気がする。

 

下塗り

f:id:shinonono:20171119021052j:plain

スーパーバケツタイム。

バケツで塗り切れなかった細かいところはペンでちまちま埋める。

下塗りは薄い色にしておくと、このあと描く影とのメリハリが出て良い感じにのアレになるので良いと思う。

 

本塗り

f:id:shinonono:20171119021953j:plain

影と光を入れる。

線の色も変える。(肌の線→肌色をめっちゃ濃くした色、服の線→服の色をめっちゃ濃くした色)

線画で描かなかった細かい模様や涙も入れる。

 

仕上げ

f:id:shinonono:20171119023045j:plain

オーバーレイとかスクリーンのレイヤーをいい感じに重ねていい感じの雰囲気にして完成。

 

 

書くの疲れたのでおしまい。

DTM備忘録①

次も使えるように。

 

‪●Side Chain

キックのタイミングに合わせてベースにコンプをかける。‬

スレッショルドを強めると大きくうねる。

場所はエフェクト画面のタブにある四角いボタン。キック側はsendで設定したside chainを選択。


‪●Transient

サウンドのADSRを弄れる。キックが曲に埋もれるときはアタック強め、リリース長め。

場所はEffect→Dynamics→Envelope Shaper

 

Frequency shifter

サウンドの周波数を上下させる。

オートメーションを書いて上昇していく感じが出せる。

 

タイムストレッチ

ピッチを変えずにオーディオのテンポを上げ下げできる。

場所はCubaseの上のメニューバーの矢印カーソルをプルダウン。

 

 

おわりだよ

団員③

3ページ目の人たちです。

 

ここくん (神崎蘭子)
闇に呑まれし闇の眷属。
制裁-クエスト-から帰還せし彼の手には血に染まった†卍Grásiða卍†が握られている。
最大の禁術であるパンドラの解放をすでに3度も行っており、封印されし魔王の力を取り戻す日も近いと囁かれている。ソ。

 

こたっち (こた)
いつも大変お世話になっておりまスリスリスリスリスリスリスリスリスーハースーハーもぐ。
絵がめっちゃかわいい。食べたい。
今度アイコン描いてください(直球)

 

やがみん (やがみ)
団の平均ランクをぶち上げているソ。
天才的な画力を誇り、やがみんがツイッターに投稿したゆぐゆぐの絵は大きな波紋を呼んだ。
近々ペンタブの購入を検討しているらしく、期待が高まる。

 

まーくん (小林)
ツイの名前とアイコンがおしりになっていた時期があり、下半身を露出する団員(TOE七不思議の一つ)の一員になってしまったのかと嘆いていたが無事元の名前に戻った。
たぶんキャラ所有率は団で一番。あとFGO界のソ。

 

土器くん (プラリネ)
旧名が割れる土器だったので土器くんって呼んでる。割ると怒る。でも割りたくなっちゃう。
ある団員は虚ろな目をしてこう語った。
「初めは軽い気持ちで割ったんですよ……。でも今では日に5回は割らないと正気でいられない……あああああ早く割りたい割りたい割り土器割り土器土器割りたい土器」
土器割り、ダメ絶対。公共広告機構です。

 

イビーくん (幼女(21))
先日幼女になった21歳男性。
颯爽と救援に現れて麻痺を延長していくイケメン。
両手両足に4凸したシュバ剣を装備している。めっちゃ天井叩いてるイメージ。

 

葵ちゃん (諏訪ななか)
諏訪ななかが好きすぎて諏訪ななかになった人(哲学)。
もりもり強くなっていて、全属性で旧石マルチソロとかやってる。
毎日腹筋してブリトーをよく食べているのでリアルも最強と目される。

 

痔くん (ビーチククル)
入団してすぐの団内つよばはで貢献度1位をとって、やべーのが来たぞ……という感じだった。
団イベの接戦時、彼の名前を呼ぶとなんとかなることが多い(痔くんが来るわけではない)。

 

バリーくん (小早川紗枝)
団内アイマス勢の一人。
最近は鋭意減量中で、昼食をサラダメインにするなど、ツイの画像からはその努力が窺える。
土パの強化も頑張っているので、たぶん次回古戦場では時速3兆くらい稼いでくれると思う。

 

ヘカさま (弟切草)
以前より外部顧問として度々TOEと交流していたが、先日満を持して入団した。
読書好きのマッチョガチ勢。
京極夏彦の本で筋トレとかしてると思う。


おしまい

団員②

前回に続いて団員紹介的なやつです。

 

メイオさん (メイオルティ)
肉弾派シェフ。HLシートで料理のレシピを公開している人(興味がある方は一読の価値ありです)。予備自衛官補らしいので恐らく団で一番マッチョ。SSR排出率よりも低い体脂肪率を誇る。

 

ジムさん
人間界に顕現した天使ジムエルの仮の姿。聖なる力で変質者を撃退したことがある。しのポイント(集めるとザリチュナルフレイムのMVP権がもらえるすごいやつです)を一番多く獲得している。

 

まかなさん
ヤバイ。まかなさんヤバイ。まず名前。母音がaで統一されてる。めっちゃオシャレ。しかもランク136。各桁の数字を足したら10になる。ヤバイ。めでたい。あと推しキャラコメント。可愛い。ヤバイ。

 

触手さん (エリート触手)
団でも上位の戦力をもつエリートな触手。どの属性も大体強い。得意ジャンルはNTR
彼の名前を団チャで書き込んだ後、リアルの友人とのやりとりで「職種」を「触手」と誤変換したメッセージ送る事故が起きた。とても悲しい。

 

蒼くん (相葉夕美)
寝落ちの権化。入団時は蒼騎劉(変換めんどくさい)という名前だった。
団長がいない時に団イベで指揮を執ったり寝たりしている。人事部も担当しており、多くの団員を拉致入団させている。

アウトローなので多くの前科がある(蒼’s 枕story TOE出版 参照)。チーカマ違法摂食事件(団長のチーカマを食べた)は記憶に新しい。

 

鬼いちゃん (鬼百合)
船底の書き取り牢に棲まう鬼。(牢へのアクセス方法:団シート下部の「書き取り牢」タブをクリック。【!閲覧注意!】)
ゼタと花澤香菜が好き。好物はルーマシーオオコンニャク。鬼いちゃんの前で水着ゼタというワードを口にすると牢に引きずり込まれるので気をつけよう。

 

いぬさん (ただの鳩)
先日「鳩サブレ」から「ただの鳩」になったいぬさん。いぬさんは鳩なので、新しく入った方は勘違いしないように。ただ、鳩とは言ってもいぬさんなので、鳩と間違えないように注意してください。いいですか、いぬさんは鳩です。

 

神 (देव)
両手と局部にクリムゾンフィンガーを嵌めた神です。
(वह एक समुद्री शैवाल है।)
彼はGIF画像を送ってきます。
(वह हमेशा ईंटों खाती)
団員は神に供物を捧げ、
(मैंने देखा है कि गंभीर।)
そして祈りましょう。
(बेकन सबसे स्वादिष्ट खाना है)
ーーオーム。
(ーーशिश्न)

 

洗剤さん (ひきわり納豆)
ソ。土ガチ勢の人。
先日「中性洗剤」から「ひきわり納豆」へと改名し(追記:一個前の名前は保温弁当箱でした。くさそう。謹んでお詫び申し上げます。)いい匂いから一転して臭くなった。団で上位の戦力と栄養価がある。
ふとツイを見たら私がこの文章を書いている間にヒヒイロカネを脱法してた。おめでとう。あとで団長室に。

 

AREXさん (T-rex)
食物連鎖の頂点にいる人。
グラブルの他にFGOとシャドバもやってるみたい。いつか対戦したい。
6人HLはあんまりやってなさそうなので、今度連行しようと思う。フラムとか。

 

以上2ページ目の人たちです。

 

団員①

団員向けです。

主に新しく入団した人用。

 

ゴメーーーーーーーーーーーーース

団の設立者で副団長。設立当時の団名はhutaba団とかだった気がする。

普段は団チャには参加しないけどエッセルの話題を見かけると饒舌になる。先日エッセルを最終解放した。エッセルが好きすぎる人。

推しキャラはクラウディア。

 

グランくん

狂気担当。彼の奇声が団員の目覚ましになってる。

榛名を偏愛している。推しキャラはもちろん榛名。愛が重すぎて榛名も大丈夫じゃないって言ってる。

 

穂夏さん

参謀。古戦場シートの作成・更新とかしてる人。いつ寝てるの。

空前絶後超絶怒涛の土芸人。土を愛し、土に愛されない人。

でもこの前ブローディアを当てて相思相愛になった。オクトー最終期待してます。

 

passさん (醸造酒)

お酒の人。血中アルコール濃度が92%くらいある(団長調べ)。

ティターンを7個(?)引いているから多分マッチョが寄ってくるフェロモンとか出てる。

 

こんどーさん (kondo)

癒し担当の覆面レスラー。天然でたまにめっちゃ可愛い発言をする。可愛い。

一級フラグ建築士で、彼が何かを危惧する発言をすると因果律が捻じ曲がり危惧した通りの事象が発生する。可愛い。

 

ロリコンさん (Катюша)

ロリコンでドMで廃課金者でロリコンの人。木を切って生きてる。

最近グラブルネームを改名し「Катюша」(ロシア語でカチューシャという意味)になったが、これはロシア系幼女のメタファーという説が有力。

数少ない最終解放ウーノ所持者。

 

斎樹さん

多くの謎に包まれている人。その謎に迫るべく、斎樹さんの団員室に潜入した私は驚愕の事実を目の当たりにした。なんとーー以下、機密情報につきアクセス権限を持たない者は閲覧できません。

 

サイキネくん

エスパータイプの人。推しキャラもツイのアイコンもネモネ。重度のネモネモ症候群罹患者と思われる(今みたら推しキャラが闇オストロに変わっていたため、症状は回復傾向にある模様)。

この前マッチョを引いて土ガチ勢への道を歩みだした。

 

たまさん (たまのらんち)

TOE有識者。特に古典文学とかに明るそう。

入団当初はグラブルネームが「たまらんち」だった。これは「堪らん」に接尾語の「ち」がついた「たまらん-ち」なのか、「たま」の「ランチ」つまりご飯を意味するのか団内で論争が起きたが、先日の改名により後者に軍配が上がった。

 

以上1ページ目の人たちです。

 

たぶん続くよ〜

ボルシチを作った話

移動に1時間かかるしお腹も空いてきたので、以前ボルシチを作ったときのことを書く。

 

ボルシチっていうのはロシアの家庭料理で、

 

f:id:shinonono:20170111142316p:plain

 

こういうやつ。(※画像:Wikipediaより引用)

 

ちなみにボルシチを作ろうと思い立った理由は、当時はまっていたキャラクターの得意料理がボルシチだったから。

 

 

オタクだね~

 

 

 

オタクなので作り方もネットに頼る。

検索して一番上に出てきたレシピを参考にした。

 

材料の項目を見る。

『牛肉、人参、玉ねぎ、トマト、ビーツ、……』

 

ビーツ…?

 

調べてみると、カブに似た真っ赤な根菜で正式にはテーブルビートと言うらしい。

ボルシチの独特の赤色はこのビーツによるものだとか。

 

 

 

材料について大体分かったところでスーパーに向かった。

 

野菜売り場を探し回る。

 

 

まあ、うん。

分かってたけど、ビーツ売ってないね。

 

田舎の小さなスーパーにビーツなんてオシャレな野菜があるわけないよね。そうだよね。

 

ないものは仕方ないので代わりにカブを買って帰った。似てたので。

 

 

家に帰り料理開始。

 

作り方は、

鍋で食材を炒める。

水を入れる。

ホールトマトを入れる。

コンソメでいい感じに味を整える。

(この辺で、「ボルシチ食べたことないから味あってるか分からなくない?」ということに気づく。バカか?)

皿に盛ってサワーチーズをいい感じに乗せて完成。

 

かなり大雑把だけど大体こんな感じ。

 

 

完成したボルシチの見た目は、赤色が足りないもののまあ美味しそうだった。

 

ちなみに、当時はブログに載せるつもりなんてなかったので写真はないです。

 

 

これがボルシチか…。

出来上がったものを見て呟く。

 

ちょっとした感動と期待。

あの娘(某キャラクターです)もこれを作ってるんだって考えると嬉しくなった。オタクなので。

 

 

さっそく、出来上がったボルシチを口に運んだ。

 

 

 

「トマトだ。」

 

これが最初に浮かんだ感想。

 

トマト味の玉ねぎ、トマト味のカブ、トマト味の肉。

 

口に入れるたび、口内がどんどんトマト味に支配されていく。

圧倒的トマト。トマトの暴力。

 

どうやらトマトを入れすぎたらしい。

ビーツの代わりにトマトを多く入れて赤色にしようと思ったのが間違いだった。

 

トマトは嫌いじゃない。でもここまで主張が激しいと厳しい。

すぐに限界になった。

 

その日、強烈なトマト味に耐えられなかった私は、結局一杯分しか食べることが出来なかった。

後には鍋いっぱいのボルシチらしき何かと虚無感だけが残った。

 

 

 

翌日、残ったボルシチらしき何かにカレー粉を投入したらカレーになった。

 

ごはんにかけてカレーライスにする。おいしい。

 

その日のうちに鍋は空になった。

 

 

カレーってすごいね。

 

おしまい

ショック療法

1年くらい前の話。

 

すき家のおろしポン酢牛丼が無性に食べたくなる”という奇病を患っていた私は、その日も発作に抗えず、近所のすき屋に足を運んだ。

 

いつものカウンター席に座り、おろしポン酢牛丼を注文する。

当時は週2~3回のペースでおろしポン酢牛丼を食べていたし、たぶん店員に顔を覚えられていたと思う。裏で「またおろし野郎が来たぞ」とか言われていたかもしれない。

 

おろしポン酢牛丼が運ばれてくる。

いつもそうなのだが、不思議なことに食べる直前には発作が治まっていて、「またおろしポン酢牛丼か……」みたいな気持ちで食べる。

3口目くらいで飽きる。

 

次来たときは別のメニューを食べようなどと考えながらレジに向かい、財布を取り出す。

 

「470円になります」

 

470円。

そのくらいは普段持ち歩いている金額だ。当然あると思って財布を開く。

 

 

 

 

……ない。

 

小銭はおろか、お札も一切ない。

 

なんで……?

 

思い返す。

 

そういえば、数時間前に財布の中身を新しい財布に移したんだった。

いま手に持っているのは古い財布。いつもの癖で持ってきてしまったらしい。

 

時刻を確認すると、夜中の12時過ぎ。

知人に頼んで支払いに来てもらうには迷惑すぎる時間だ。

 

他に良い対処法が思いつかず、仕方ないので正直に店員に話す。

「あの……お金忘れたので家に取りに帰ってもいいでしょうか?」

 

明らかに困惑する店員。その様子を見てさらに慌てる私。

 

「あっ、iPhoneを人質にしていいので……」

気が動転してアホみたいなことを口走る。せめて担保って言えばよかった。

iPhone人質マンとして店員たちの話のネタにされるんだろうな……って考えたら泣きたくなった。

 

その後、私の真摯さが通じたのか店員も承諾し(半笑いだったけど)、人質(iPhone)を残してダッシュでお金を取りに帰り、他の客の視線に耐えながら無事支払いを済ませ、脱兎のごとく店を去った。惨めな気持ちでいっぱいだった。

 

 

あの日以来おろしポン酢牛丼は食べていない。